アニメに関する情報が満載!

あにめーしょん!

アニメ制作にはパソコンを使えることが大切

アニメが好きでアニメ制作に関わる仕事がしたい場合には独学でこの仕事に就くには少し難しくなってしまうので専門学校などでに行って学びましょう。
制作する上で一番重要になってくるのがパソコンが使えるかどうかです。
パソコンが使えないとアニメが作れないのでパソコンは使えるようにしておきましょう。
その上で専門学校などでCGの作り方などを学びましょう。
制作を行うにはパソコンを使って作っていくのでパソコンが使えないと何も作れない状態になってしまいます。
パソコンを使いながら必要なシーンを編集したり、カットしてくことになります。
パソコンに関連する何らかの資格を取っていれば就職したときに即戦力として使われることもあるのでパソコンが使えることは絶対条件ですし、資格を持っていればさらに有利になってきます。
また、最近では趣味の範囲で作る程度でスマートフォンなどのアプリを使って簡単なものを作ることも可能になってきています。

アニメ制作の職種について

映画館やテレビで流れるアニメには、いろいろな職種の人が制作に関わっています。
中心的な存在は監督です。
どのようなストーリーにするのか、声優にどんな人を起用するか、作品全体に対して指示を出す役割です。
画面に映るものを動かすために絵を描く担当の人が多くいます。
これらの人は原画と動画に担当が分かれています。
また、背景画を専門に描く人もいます。
近年では作品にコンピューターグラフィックスを取り入れるのが普通になっているため、これを専門に作成する人もいます。
音響関係では、セリフに声をあてる声優がいます。
起用する声優によって作品の質や評価が左右されることもあります。
その他、BGMや効果音を作成する人がいます。
また、アニメ制作のスケジュールを組み立てたり、計画通りに作業が進行しているかチェックする担当者もいますし、作品が広く世の中に知られるように宣伝を担当する人もいます。
このように、1本のアニメは多くの関係者によって制作されています。

最終更新日:2016/6/16

COPYRIGHT(C) あにめーしょん! ALL RIGHT RESERVED